このたびはアクセスありがとうございます。
こちらは私がハンドメイドレシピのテキスト作成する際の、写真の撮り方&加工の紹介になります。

◇おうちで自分でできるように
→自宅内でスマホで撮影&加工まで
◇テキストとして何枚も使うので
→手早くできるよう手短な加工を

上の2点を重視して、インスタ用やイメージ写真とは違う、あくまで手順書として見やすい写真、そして私が作るテキストに当てはめやすいカタチを目的としています^^

↓私のテキスト作成についてはこちら


テキスト作成を検討してくださった方へ♪

ご検討ありがとうございます。テキスト写真は基本お客さま自身に撮影&加工をして送っていただくかたちになりますので、まずは撮影前にこのページを読んでいただけると幸いです。
(もし撮影や加工からぜんぶ依頼したい!って方は相談ください^^)

テキストは自分で作ってみる方にも♡
もしかしたらご自身のテキストとは合わなかったり、もっと良いやり方もあるかと思いますが、良かったら参考に読んでもらえると嬉しいです。

インスタやお教室イメージの写真は『ふんわり』とか『淡いカラー』とか、小物を添えて華やかにした写真を使うことも多いかと思います。
ですが、作り方を教えるテキストにつきましては『ふんわり』だと伝わらない恐れもあります。
何枚も重なったリボンや、繊細な折り目など、できるだけ正確に伝えることを優先して作品の色や背景を選んでください。

クッキリ写真だと、お教室のイメージと違う…という場合は、表紙を作るか空きスペースに大きく『作品例』を載せてあげると、イメージを伝えられて良いと思います。

私にテキストをご依頼いただける場合は、こちらで説明文の文字数合わせて写真のトリミングを行います。
ご自身でトリミングもやりたい場合は、そのように伝えて頂けたらそのまま作成します。お気軽にお申し付けください。

プロっぽい本格的な撮影スペースは無くても、窓際レースカーテン&簡易レフ版でだいぶイイ感じに撮影できます。
レフ版。私は段ボールを切って表に白画用紙、裏にアルミホイルを貼って作成しました。
白を使うことが多いですが、天候や作品に合わせてギンギン(アルミ)でも良いと思います。
私は木目の机に乗せていますが、木目も無い無地のほうが見やすいです

レフ版によるのビミョーな違いです。
真ん中(白のレフ版)は、カメラが自動で暗め調整しちゃったようですが、加工なしでそのまま掲載します!

ここからスマホアプリの操作になります。
このSnapseedはめっちゃ機能があるのですごく便利!な反面、初めて使う際はどれを使っていいのか迷うかと思います。
テキストは何枚も写真を使うので、あまり時間をかけず左上の2つのツールのみ使用します。

先に加工例です。
まずは「明るさ」を足した後、「ディテール」調整してクッキリさせます。

いちばん右の④は、立体感あるクッキリでとても見やすいですが、場合によっては③くらいにしてもOKです。
③のシャープ加工と④ストラクチャ加工の違いは後ほど紹介します。

操作方法①
2021年5月のandroid端末での操作です。
iPhoneだと多少違いがあるかもしれません。

まずは明るさを「ちょっと明るすぎる?」と思うくらい足してください。
後からディテール加工をするとまた少し暗くなるように感じるので、明るめでOKです。

ディテール加工その①「シャープ」
後述する「ストラクチャ」と比べてみて、見やすいほうを採用してください。

ディテール加工その②「ストラクチャ」
お手軽にクッキリ感が出せるので愛用しています。
ただ、シワなど目立って欲しくないものも強調してしまう為、「シャープ」と使い分けます。

分かりやすいテキストを作るためには、見やすい写真が必須。
ぜひお試しください♪